【レビュー】DUALSHOCK 4がiPadで使えるようになったからリモートプレイしてみた!

DUALSHOCK 4がiPadに対応したぞ!

PlayStation.Blogは2019年10月1日、Apple製デバイスの最新OSで、ワイヤレスコントローラー「DUALSHOCK 4」がBluetooth接続に対応したと発表しました。

これまで、「PS4 Remote Play」アプリはあったものの、純正コントローラーには何故か対応していませんでした。

これは本当に不思議なことだったね。

そこで、DUALSHOCK 4がiPadに対応したことにより、Bluetooth接続の難易度について、そして快適に遊ぶことができるのかを体験し、レビューしたいと思います。

DUALSHOCK 4との接続に対応しているOSは?

  • iOS 13
  • iPad OS
  • macOS Catalina
  • tvOS 13

Bluetooth接続に対応しているApple製デバイスは上記の通りです。macOS HighSierraおよびmacOS Majaveの場合は、USBケーブルもしくはDUALSHOCK 4 USBワイヤレスアダプターが必要になります。

今回は、iPadOSがインストールされたiPad(第5世代)で遊んでいきます。

いざ、DUALSHOCK 4をiPadに接続してみよう!

DUALSHOCK 4
1. DUALSHOCK 4のライトバーが消灯していることを確認。
消灯していない場合は、PSボタンを長押しします。
DUALSHOCK 4
2. SHAREボタンPSボタンを同時に長押しすることで、ライトバーが点滅を始めます。
DUALSHOCK 4
3. iPad側のBluetooth設定に「DUALSHOCK 4 Wireless Controller」が追加されているのを確認しタップ。
DUALSHOCK 4
4. するとDUALSHOCK 4側のライトバーが赤く光ります。
これでBluetooth接続の設定は終わりです。

いざ、リモートプレイじゃ!

PS4 Remote Play
5. iOS版アプリ「PS4 Remote Play」を起動します。
リモートプレイ
6. アプリを起動すると同じネットワーク内にあるPS4を探し始めます。
(設定は省略)
リモートプレイ
7. 画質の設定は映像をストリーミングする前に行います。
最高画質は1,080pまで。fpsは「標準」と「」の2種類でした。

問題点もある

リモートプレイ
8. 問題は3種類あって、どれも操作に関する問題です。
その1:タッチパッドが使えません。
リモートプレイ
9. その2:PSボタンも使えません。
その3:画像を忘れましたが、SHAREボタンも使えません。
OPTIONSボタンはゲームによる。
(メタルギアソリッド5では使えた。)
リモートプレイ
10. 「SHAREボタン」「PSボタン」「OPTIONSボタン」はアプリ側でタッチ操作可能。
それでもタッチパッドは使えません。

DUALSHOCK 4をPS4とUSB接続してPSボタンを押すことで元に戻すことができるよ!

iPadでDUALSHOCK 4を接続してリモートプレイしてみた感想

リモートプレイを使う環境は限られている!

DUALSHOCK 4をiPadにBluetooth接続する難易度は限りなく低いと感じます。GoProやワイヤレスキーボードを接続する時と同じですが、忘れてはいけないのがSHAREボタンとPSボタンの同時押しでBluetooth接続すること。難易度はこれだけ。

操作の快適さについては、直接使えないボタン「タッチパッド」「PSボタン」「SHAREボタン」があることで、遊べるゲームが限られていると感じました。私が試遊したメタルギアソリッド5ではタッチパッドからミッションを受ける必要があるので致命的です。

映像の快適さについては、映像の乱れはありませんでしたが、若干の遅延があるように感じます。アプリ側のフレームレート設定が「標準」「」の2種類だけでしたので、あまり期待しない方が良いかもしれません。

これらを踏まえ、DUALSHOCK 4に対応したiPadで「PS4 Remote Play」を遊んでみた結果、やはり「Apple Arcade」向けの対応だったのかな?と感じました。今後のアップデートでタッチパッドの押し込みに対応することを期待します。

関連商品