【全部雪のせいだ!】iPad(第5世代)が寒さの影響で充電できなくなったでござる!

どうも、いのがぶ(@inogabu)です。

絶賛、iPad 第5世代ユーザーの私は、関東平野のド真ん中に住んでおります。

2019年2月9日(土)、関東平野にも雪が降り、気温は氷点下近くになっておりました。

こんな寒い日は、暖房機器の無い私の部屋でパソコンを付けるより、iPadとコタツでぬくぬくしている方が良いと思い、午前中から残り20%だったiPad 第5世代を充電しておりました。

寒部屋とiPadと私

暖房機器の無い私の部屋で朝早くからiPadの充電を開始しました。

このとき残りは約20%。

いつもは午前中だけで充電が終わるはずだったのですが、この日の午後はいつもと違いました。

私「え?31%?

そうです、約5時間も充電したにも関わらず、たった10%程度しか充電されなかったのです。

そういえば、そんな記事を書いたことがあるような?

2017年11月11日、iPhoneXが寒さでフリーズしてしまう不具合があると報じられています。

この記事によると(自分で書いてますが、、、)

iPhone, iPad, Apple Watchは最適に使用するのに0~35度という温度範囲があるようです。

2月9日の東京は、最高気温1度、最低気温1度と温度範囲ギリギリの気温でした。

ましてや、部屋の窓を開けていた私の部屋は、何度だったのでしょうか?

てか、昨日私は零下近い部屋にずっと居たことになるのか!

風邪を引かなかったのが奇跡としか言いようがない。

私「え?何でコタツに行かなかったのかって?

iPadが充電できなかった理由を知りたかったからです。

実験結果:iPadも寒さに弱い

先ほどの記事によると、操作ができなくなるとのことですが、既にアップデートで解決済みとなっているようです。

寒さの影響で、充電ができないこと以外に何ができなくなるのかを調べたいと思います。

上記の画像が、2019年2月9日(土)17時04分にサムネイルを撮っています。その際の充電は31%となっています。

充電器の接触問題の可能性もあるため、しっかりと付け直しをしました。

約1時間経って(経ってない!)確認すると、やっぱり31%のまま。

その後、コタツのある部屋で充電し直したところ、何事もなく充電を開始しました。操作もいつものまま。

私「やっぱり、寒さだったのか?

結局のところ、一日を充電に費やしてしまいました。この記事を読んでいる人は暖かい部屋で充電するようにしましょう。

そう、これはきっと、、、

私「全部雪のせいだ!

関連商品

一番くじ 水曜どうでしょう 雪面の飛び魚