【比較】「Surface Go」を購入する前にスペックの比較をしてみよう!

Surface Go

Surface GoはWindows10のパワーを活用した「もっとできるを、軽々と」をコンセプトにしたエントリーモデルのタブレット型ノートPCです。日本では「64GB」「128GB」が発表され早めに予約した人も多いはず。

基本スペックも大きく変わらないように見えますが、実は64GBと128GBは転送速度で大きな違いがあるのです。

Surface Goの主な仕様

Surface Go 64GBモデル

Surface Go 128GBモデル

ソフトウェア SモードのWindows10

Office Home & Business 2016

SモードのWindows10

Office Home & Business 2016

本体サイズ 245×175×8.30mm 245×175×8.30mm
ストレージ eMMC:64GB SSD:128GB
メモリ 4/8GB 4/8GB

64GBと128GBの唯一の違いは、ストレージの種類です。128GBモデルはSSDが搭載されていますが、64GBモデルはeMMCが搭載されています。

eMMCはよくスマートフォンに使われているフラッシュメモリです。SSDと似ていますが、連続した読み書きについてはSSDの方が圧倒的に早い

ベンチマークを気にするのであれば、128GBの選択をおすすめします。

関連商品

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。