【速報】Google Stadiaが発表!価格/発売時期/ローンチタイトルが判明!

出典:Google Stadia

2019年6月7日、Googleがゲーム配信プラットフォーム「Stadia」の詳細を発表した。2019年11月から北米、欧州と中心とした14か国で先行リリース。残念ながら日本を含むアジアでは2020年以降のリリースとなる。

悲しい。もっと早く遊びたかった!

ゲーム配信プラットフォームStadiaについて

出典:@GoogleStadia

ゲーム配信プラットフォーム「Stadia」はPS4やXboxのように筐体が存在しない。Google Chromeブラウザーを使用してプレイすることになる。対応するデバイスは以下の通りだ。

  • パソコン(Google Chromeブラウザー経由)
  • テレビ(Chromecast必須)
  • タブレット(Google Chromeアプリ)
  • Google Phone(Pixel 3/3a)

とにかくChromeブラウザーが動く環境があれば、場所を選ばないため家の好きな場所でプレイすることも可能になる。

ブラウザー経由のゲームだとPS4やXboxと張り合うゲームは無いんじゃないの?

https://jp.ign.com/google-stadia/36023/news/google-stadia

IGN : Google Stadiaの価格、ローンチ時期、ローンチタイトルが発表!

と思うかもしれないが、これからPS4やXboxで発売される最新ゲームが配信される予定だ。すでにChromecastを持っている人にとって、わざわざゲーム機を買い増しする必要が無いのが大きなメリットだ。

Google Stadiaの価格について

出典:@GoogleStadia

Google Stadiaは2モデルでサービス展開される。無料で利用することのできる「Google Stadia Basic」。月額9.99ドル、4K/60fps,HDR,5.1chサラウンドでプレイできる「Google Stadia Pro」だ。

Google Stadia Basicについて

Google Stadia Basicは最大1,080/60fps、ステレオサウンドでプレイできる無料プランだ。個々でゲームを購入することになる。

Google Stadia Proについて

Google Stadia Proは最大4K/60fps、HDR対応、5.1chサラウンド(35Mbps)でプレイできる有料プラン(月9.99ドル)だ。フリープレイのゲームがライブラリに追加され遊び放題になる。ストアでは対応ゲームの値引きも行われる。

推奨通信ネットワーク速度は?

通信環境に関するネットワーク速度は、解像度が720pの場合10Mbps(推奨最小値)。4Kでは35Mbpsを推奨している。

Chromecastを挿したテレビで利用する場合は、無線LANを利用することが多いと思うが、光契約している家庭なら十分足りているだろう。必要なら11ac仕様の無線LANを購入しておくのが無難だろう。

関連商品