2018年よりGoogle Chromeで「アドブロッカー」を標準搭載

シェア

2017年6月2日(金)、Googleは「Google Chrome」に広告を非表示にすることができる「アドブロッカー」を標準搭載することを正式に発表しました。

2018年からだってさ。

全ブロガーさん涙目のような出来事に聞こえますが、「でも大丈夫!」その理由を勝手にまとめます。

基準を満たしていない広告のみを非表示にする仕組み

Googleが新たに発表した広告における新基準「Coalition for Better Ads」によると、「相応しくないと判断されたコンテンツ」のみ非表示にされるとのこと。

つまり、「広告の種類」や「配置場所」に制限を設けます。と言う意味です。

自分が配置した広告がブロックされているかを知るためのツール「Ad Experience Reports」も提供していますので、一度確認してみてください。

どんな広告が不適切になるのか?

不適切となる基準は、「デスクトップ」と「モバイル」によって異なります。

「デスクトップ」では、「ポップアップ広告」「音声付き自動再生動画広告」「カウントダウン付き全画面広告」「画面下を覆う追尾型広告」の4種類が挙げられています。

カウントダウン式の広告って見たことないな。

「モバイル」では、「ポップアップ広告」「全画面広告」「画面30%を占める広告」「フラッシュ型アニメーション広告」「音声付き自動再生動画広告」「カウントダウン付き全画面広告」「画面下を覆う追尾型広告」の7種類が挙げられています。

モバイルは画面サイズによる問題を考慮していることがわかります。「画面30%を占める広告」に関しては、レクタングルサイズの広告を連続して2つ配置するだけで30%を超過するので不適切と判断させるようです。

配置してしまっている人は忘れる前に直しておきましょう。

関連記事

Coalition for Better Ads

Ad Experience Reports

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。