【まとめ】「プレイステーション5」2020年の年末商戦に発売決定!

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは2020年の年末商戦に「プレイステーション5」を発売することを発表しました。

PS5のコントローラーには2つのイノベーションがある

PS5の目指すゴールの1つに投入感を更なる高みへ導くことが条件としてコントローラーに2つのイノベーションが再考されています。

振動機能にハプティック技術を採用

初代プレイステーションやその同世代のゲームコントローラーに見られた従来の振動技術に、ハプティック技術を採用。多彩な反応を手で感じることができる。

例えば、レース中の車が壁にぶつかる感覚と、フットボールで相手にタックルする時の感覚は全く異なるものとなり、草原を駆け抜け、泥の中を這う感覚さえも味わうことができる。

L2・R2ボタンにアダプティブトリガーを採用

L2・R2ボタンにアクションに合わせてトリガーの抵抗力をプログラムできるアダプティブトリガーを採用。ハプティック技術を組み合わせることで多彩なアクションをリアルに体験することができる。

例えば、弓をキリキリと引き締める間隔や、ゴツゴツとした岩場の地形でオフロード車で一気に加速させる時の感覚が、より鮮明に再現することができるようになる。

レイトレーシング

PS5は3D環境における複雑な光の相互作用を再現できるレイトレーシング技術を採用。グラフィックに大きな確信をもたらす。

SSD採用でデータの読み取り時間が大幅に短縮

SSDの採用によりデータの読み込み時間が大幅に短縮される。さらにデータ処理の効率という点でも大きな変化をもたらす。

ゲームは常にデータのやり取りを行っており、「Marvel’s Spider-Man」の場合、背景や通行人といった400個もの複製されたデータが常に読み込まれている。SSDではこうした膨大の複製データが必要なくなり、空き容量を増やすことができる。

空いたスペースを活かすために、パッケージ版のゲームの容量は100GBの光ディスクに対応。搭載される光学ドライブは4K対応のブルーレイプレイヤーを兼ねている。

次期コントローラーの名称は、まだない

コントローラーは形状はPS4の「DUALSHOCK 4」に似ているが、小さな穴が空いており(※ハプティック技術のための穴)、ソニーのプレイステーション用AIアシスタントが搭載されている。
(詳細は後日)

コントローラーの名称について、広報担当者は「まだ名前はないんだ」と語った。

関連商品

【Amazon.co.jp限定】ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4) アルパイン・グリーン(特典なし)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2019-07-26)
売り上げランキング: 134