日経 – 任天堂が小型で安価なNintendo Switchを2019年中に発売か?

任天堂が小型で安価な「Nintendo Switch」を計画していると日本経済新聞が報じている。

海外メディアも一斉に「任天堂が改訂版Nintendo Switchを計画中」を報じ、信憑性が高まっている。

小型版「Nintendo Switch」は安価になる?

小型版「Nintendo Switch」は販売価格を下げるために、いくつかの機能を減らしていることがわかっている。ただし、どの機能が削られるかは不明。

2019年内にリリース予定であり、サプライヤーやデベロッパーに通知済みであることが確認されている。

コアゲーマー層に「新しいサービス」を展開

Nintendo Switch」はすでにオンラインの有料化が始まっているが、コアゲーマー層に向けた「新しいサービス」を計画中であることも報じられている。

新しいサービスの内容は、「ゲーム愛好家がお金を支払いたくなるような」仕組みである以外、詳細は不明。海外では、バーチャルコンソールのようなゲームのサブスクリプションである可能性が高いと噂されている。

削減される機能について

販売価格を下げるために、いくつかの機能が削減される件について、海外では、以下のような点が注目されている。

  • ドックの排除
  • カートリッジスロットの廃止

小型版「Nintendo Switch」は持ち運びに特化していると考えられ、テレビに接続する際に使う「ドック」が無くなることが考えられる。

さらに、ダウンロードコンテンツや有料オンラインサービス「Nintendo Switch Online」に注力している点からカートリッジスロットの廃止が考えられる。

関連商品

Nintendo Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ

Nintendo Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALセット
任天堂 (2018-11-16)
売り上げランキング: 94