JVCケンウッド、縦型ワイドFM対応ラジオ「RA-C80BT-B」発売

JVCケンウッド、縦型ワイドFM対応ラジオ「RA-C80BT-B」発売

2020年8月21日 オフ 投稿者: inogabu
RA-C80BT-B

JVCケンウッドは2020年8月21日、Bluetoothを搭載し、スマートフォンの音楽も他の秘めるコンパクトな縦型ホームラジオ「RA-C80BT-B」を発売しました。AC電源を利用できない場所でも乾電池で駆動し、約25時間の長時間再生が可能。価格は7920円。

RA-C80BT-B

RA-C80BT-B」は、AC電源を利用できな場所でも市販の乾電池で駆動し、約25時間の長時間再生が可能であるため、アウトドアや非常時にも活用できます。また、よく聴く放送局をプリセットできるワンタッチボタンや、天面の操作部を分かりやすい日本語表記にするなど、使いやすさにも配慮したモデルです。

コンパクトな縦型スタイルで、狭いスペースでも設置が可能

幅90mm・高さ164 mm・奥行き 97 mmのコンパクトな縦型スタイルで、ベットサイドやキッチン、ダイニングなど狭いスペースにも気軽に置いてラジオを楽しめます。

Bluetooth®機能を搭載し、スマートフォンやタブレットの音楽をワイヤレスで楽しめる

スマートフォンやタブレットの音楽を、ワイヤレスで気軽に楽しめるBluetooth®機能を搭載。また、ライン入力端子も装備し、手元用のスピーカーとしても使えます。

AC電源と乾電池の2電源に対応、乾電池使用で約25時間の長時間再生が可能

AC電源に加え、市販の単3アルカリ乾電池(別売×4本)にも対応し、約25時間※1の長時間再生が可能。アウトドアでの使用や非常時の備えとしても活用できます。

4つの放送局をプリセットしてすぐに呼び出せるワンタッチボタンを搭載

本体上面には、4つの放送局をプリセットしてすぐに呼び出せるワンタッチボタンを搭載しています。また、操作部はわかりやすい日本語表記を採用し、使いやすさにこだわりました。

明るさを調整できるディマー機能付きLCDディスプレイを搭載

表示部の明るさを3段階で切り替えできるディマー機能付きLCDディスプレイを搭載。ディスプレイの明るさを抑えたい深夜にベットサイドで使用する際などに便利です。