【いのがぶの野望】リップルの価格上昇に全いのがぶ(@inogabu)が泣く!

涙)リップルの価格が上昇しちゃったよぉおおお!

どうも、いのがぶ(@inogabu)です。

2019年4月2日(火)に仮想通貨ビットコインの価格が上昇しました。それに伴いアルトコインも上昇。

これからリップルを”つみたて”ようと思っていたのに!!!

リップル2019_4_7チャート
【リップル 日足 / GMOコイン

リップルの価格は、4月1日の終値で34.7円。翌日の最高値は39.056円。さらに5日の最高値は42.238円まで上昇。

これじゃ、、、10,000,000円の野望が、、、

リップルの価格は将来6,500円になる?

リップルは時価総額第3位の仮想通貨で、将来的に銀行経由の国際送金SWIFTに成り代わる技術だと言われています。

現在リップルはリップルネットワークの拡大として、世界中の銀行・決済業者と提携し、送金システムを用いた実証実験を行っています。

もし、現在の国際送金システムSWIFTからリップルネットワークに置き換わった場合、1XRPの価格は6,500円になるとも言われています。

まじかよ!まだまだ上昇の余地あるじゃん!
てかその前の1XRP=1,000円の時点で、、、(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

2019年4月2日 仮想通貨ビットコインの「冬の時代」終了宣言

【ビットコイン 日足 / ビットフライヤー

4月2日にビットコインの価格が200日線(緑)を上方ブレイクしたことをきっかけに、「2017年12月から続いた冬の時代が終わった」と多方面から報じられました。

噂によると、ショーターが焼かれたという話も、、、

Coin Choice – 関連記事

https://coinchoice.net/hiropi-btc-eth-analysis-20190403/

ビットコインとアルトコインの関係性

2018年からペッグ通貨が誕生したことで、ビットコインとアルトコインの連動性は薄まっている言われていますが、今でもしっかりと連動しているのが今回の例ではっきりしたことでしょう。

ただし、イーサリアムは上方ブレイクしましたが、20,000円で踏みとどまったので再びレンジ相場になると予想しています。

イーサリアムは順調に”つみたて”ているからいいんだよ!
これから始めたいリップルは?

リップルの今後 – 短期~中期 予想

※仮想通貨・暗号資産への投資および投機は自己責任で行いましょう。

リップルの価格は、短期的に下落すると予想しています。その理由は、4月2日に価格上昇した時点でRSIは70%を超え、3~4日に80%をオーバー。ビットコインでショーターが焼かれたことでBTC50万~59万で含み損を抱えている人が多くいることでしょう。しばらくはレンジ相場が続きますが、買われ過ぎには違いありません。

ただし、新たに作った上値をさらに更新する可能性が存在します。それは、新規顧客の流入です。冬の時代が去ったことから取引所が新規顧客の受け入れを開始し始めています。さらに、休眠していた口座に入金があったことが報じられています。

①テクニカル的に下がる可能性が高い
②新規顧客のせいでさらに需要が増える可能性

仮想通貨にも「寒の戻り」ってないんですか?

で、リップル現物の仕掛け時は?

じっくりチャートを見直した結果、リップルは以下のポイントで仕掛けるぞ!

リップル現物が30~35円の時に手に入れることができたら本望です。その理由は日足のRSIが30%を下回るポイントを予想した結果、個人的に欲しいと思えるポイントだからです。できれば週足RSIの方で30%を下回って欲しいですが、いかんせん買い逃したので、、、

週足MACDは価格が上昇した現在も、0ラインを下回っているので、日足RSIが30%を下回ればいつでも買い時と見ています。

これ、誰のためになる宣言何だろうね?
いのがぶの気持ちの整理としてご覧いただけたら嬉しいです。
今後も、何か進展があれば書いていきます。

関連商品

これ1冊で大丈夫!仮想通貨の確定申告がわかる本

これ1冊で大丈夫! 仮想通貨の確定申告がわかる本
小山 晃弘
ゴマブックス (2018-12-03)
売り上げランキング: 58,147