新元号は「令和(reiwa)」万葉集から

2019年4月1日、菅官房長官は新元号を公表。新元号は「令和(reiwa)」に決定したことを発表した。

新元号公表までの流れ

新元号公表

菅官房長官は同日午前11時30頃から10分ほど遅れて会場に登壇。

冒頭、元号を改める政令および新元号の呼び方に関する内閣告示が閣議決定したことを告示。

菅官房長官が新元号を読み上げた後、「令和」が公表された。

新元号「令和」は万葉集から典拠

次に、安倍内閣総理大臣が登壇。新元号「令和」の経緯について談話を発表。

万葉集にある「時に、初春の令月にして 気淑く風和らぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」から典拠。

心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味が込められている。厳しい寒さの後に、春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように日本人が明日への希望と共にそれぞれの花を大きく咲かせることができる日本でありたいという願いが込められている。