仮想通貨の取引所はビットコインとイーサリアムで使い分けよう!

仮想通貨の取引所はビットコインとイーサリアムで使い分けよう!

2018年7月1日 オフ 投稿者: inogabu

仮想通貨 取引所 比較

どうも、いのがぶ(@inogabu)です。

 

仮想通貨は基本的に免許証銀行口座があれば簡単に始めることができますが、どこの取引所に登録すればいいか迷うことでしょう。

 

各社の取引所はそれぞれメリットが存在し「投資目的によって取引所を変える」ことが正しい答えになります。はっきりと言って万能な取引所はありません。

 

自身の投資目的と照らし合わせて取引所を選別してみてください。
私が選んだ”2つの取引所“と”その理由“について共に比較していきましょう。

 

ビットコインはBitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーはユーザー数・取引量ともに日本一を誇る取引所です。三菱UFJ・みずほ・三井住友・電通・リクルートなどから出資を受けています。

 

取引手数料について

ビットフライヤーでビットコインをやり取りするには現物・簡単取引所・Lightning FX・販売所の4カ所があります。その中で手数料がかかるのは「現物簡単取引所」の2つです。

 

一度のやり取りで0.01~0.15%が徴収されます。

 

アルトコインになるとLightning現物(ETH/BTC)(BCH/BTC)で0.2%が徴収されます。その他イーサリアム・ライトコイン・ビットコインキャッシュ・モナ・リスクは無料です。

 

私はBitflyerでビットコインをデイトレード

私がビットコインをやり取りしている取引所がビットフライヤーです。中長期的に取引を行うと手数料が掛かりますが、デイトレードをやるのであればLightning FXで手数料を回避することができます。取引量も多くチャットでやり取りをしながら楽しんでいます。

 

ただし、アルトコインについては話は別。アルトコインの手数料は無料なのですが、現在価格が他社と比較すると高いです。どのくらい高いのかというと約1割くらい。おまけにスプレッドも広くイーサリアムで約8,000円の開きがあります。

 

個人的ではありますが、アルトコインに限って売りたい時に売れないのがビットフライヤーという認識になりました。

 

イーサリアムはZaif(ザイフ)

Zaifは2015年からテックビューロ株式会社が運営している仮想通貨取引所です。取引所としては珍しく大阪に本社を構えています。

 

取引手数料について

Zaifの取引所は現物取引・信用取引・AirFX取引の3つです。その内現物取引の手数料は-0.01%と逆に貰えます。その他2つは0%。

 

つまり、Zaifであれば今のところ手数料は考えなくてもいい。ということになります。

 

今のところと言うのは”いつかは手数料が掛かることになる”という意味です。と言ってもZaifは手数料最安値を謳っている取引所なので他社に0円の取引所がある限り手数料は掛かりません。

 

私はZaifでイーサリアムを積立

Zaifはコイン積立が行えます。特にビットコインやイーサリアムは2017年12月の最高値を更新してから長期的な下落トレンドに移行しました。いつトレ転するかわからないからこそ毎月定額分を自動で購入してくれるZaifのコイン積立を利用しています。

 

Zaifのコイン積立は、ドル・コスト平均法を用いているので価格が低くなれば多く買い付け、価格が高ければ少なく買い付けるためポジションを下げつつローリスクで投資が行えます。

 

個人的ではありますが、下落トレンドでも安心して購入できるのがZaifであると認識しています。デメリットとしていつ上昇トレンドになるかわからないという難しさもありますが、長期的に保有したい人ができる運用です。

 

まとめ:取引所の比較が大事

取引所を選ぶ際に基準となるのが”己の投資手法を固める“ことです。とにかく取引をしてみたいのであればセキュリティ的に安心できるビットフライヤーがおすすめです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コツコツと積立ていきたいのであれば、断然Zaifです。

 

関連商品