【iOS11】個人間決済サービス「Apple Pay Cash」に身分証明を求める仕様か?

シェア

2017年8月26日(土)、HomePod内のファームウェアよりiOS11から追加される新サービス、個人間決済サービス「Apple Pay Cash」についての仕様に関する記述が発見されました。サービスを利用するには写真付きのIDが必要になり写真で撮影する必要があるとのことです。

個人間決済サービス「Apple Pay Cash」は運転免許証の提示(撮影)が必要?

発見されたコードには、「Apple Pay Cashの利用にIDの認証が必要です。」と表示され、利用者は運転免許証などの顔つきIDの提示が必要になります。提示には、運転免許証またはフォトIDを写真で撮影する必要があります。

「Apple Pay Cash」は仮想カードが発行されTouch IDまたは4ケタの暗証番号を設定することで利用することができます。送金方法にはiMessageで個人間に送金することができ、受け取る側は「受け取る」「拒否する」のどちらかを選ぶことができます。もし一定期間反応がない場合、または「拒否する」が押された場合は送金者側へ自動返金されます。

でも、日本じゃ流行らないだろうな。当分はアメリカのみのサービスになりそうです。

関連商品

関連サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。