bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【悲報】「MacBook Pro」32GBモデルは2019年以降に発売が延期

MacBook Pro 15inch

2018年4月30日(月)、MacBook ProシリーズにRAM32GBが搭載されるのは来年まで待つ必要がありそうです。先日、Intelのブライアン・クルザニッチCEOは10nmプロセスプロセッサ「Cannon Lake」の歩留まり率が十分ではないことを発表しました。

32GBメモリ搭載は10nmプロセスプロセッサ「Cannon Lake」が必須

4月26日(木)、Intelは2018年第1四半期(1~3月)の業績を発表。2018年は14nmプロセスでプロセッサ製造に集中する方針であることを公開しました。

10nmプロセスの次世代プロセッサ「Cannon Lake」が2018年に出荷されると予想されていましたが、ブライアン・クルザニッチCEOいわく、歩留まり率が十分に仕上がっていないためとコメントしています。

「Cannon Lake」は消費電力を抑え、処理能力を向上させる

「Cannon Lake」は消費電力を抑え、処理能力を向上させるプロセッサとしてノートパソコンおよびタブレットでの運用が見込まれています。またLPDDR4メモリに対応しているため、32GBメモリの搭載も可能となります。

Appleのフィリップ・シラーSVPは「MacBook Proは、電力を消費するためバッテリー駆動に悪影響を与える。」としてメモリが16GBまでしか搭載できないことを述べています。

今回の歩留まりの件で、32GBメモリ搭載MacBook Proは、早くても2019年以降となりそうです。

関連商品

関連サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。