bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「iPhoneX」のリアカメラは故障すると「Face ID」が使えなくなる

2018年5月7日(月)、Apple正規サービスプロバイダに送付されたiPhoneXのレポートによると、背面に搭載されているiSightカメラが故障すると顔認証システム「Face ID」も利用できなくなると報告されていることがわかりました。

iSight故障により「Face ID」も利用不可になる

Face IDは前面に設置されたTrue Depthカメラにより顔を認識しています。にもかかわらず、背面のiSightカメラの故障によりFace IDが利用できなくなる理由は、「前面カメラおよび背面カメラの望遠レンズが接続されているため」と説明しています。

Apple正規サービスプロバイダに配布された修理マニュアルによると、「望遠レンズおよびFace IDに使われている一部回路が問題」とし、ユニット全体の交換が必要になるとしています。

今年発表されるiPadにFace IDが搭載されると噂されていますが、問題解決が急がれます。

関連商品

関連サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。