【生産量40%向上】iPhoneX供給量は2018年1~3月に掛けて増加するだろう!ただしiPhone8は60%減

2017年11月12日(日)、KGI証券アナリストのミンチー・クオ氏はiPhoneXの需要について2018年に入ってから加速するだろうと報じています。10~12月に2,500~2,700万台が製造され内2,200~2,400万台が販売されると予想しています。

iPhoneXの供給量は2018年1~3月に増加する?

ホリデーシーズンに向けて2,500~2,700万台が製造されていると報じられています。その内の2,200~2,400万台が販売されると予想されています。さらに2018年1~3月にかけてiPhoneXの製造台数が35~45%加速すると報じ、主に旧正月を迎える中国へ出荷されると述べています。

iPhone8の人気はガタ落ち 2018年1~3月に60%製造減

iPhoneXと同時期発売されたiPhone8/8 Plusについて期待よりも需要が伸びず製造台数を半減すると報じられています。今回の件でiPhone8/8 Plusに使用された液晶ディスプレイを製造したジャパンディスプレイの損益は680億円の赤字になると発表されています。組み立てを担当しているFaxconnはiPhone8からiPhoneXの組み立てに切り替え、供給量を増やしていくと報じられています。

関連商品

関連サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。