【10月頃稼働予定】iPhoneXの生産遅れの原因はFace IDに必要な「TrueDepthカメラ」だった!

2017年9月27日(水)、iPhoneXの生産状況について10月中旬より本格稼働すると報じられています。生産は新たな問題により大幅な遅れを招いているとしていましたが、その詳細が判明しました。

iPhoneXの顔認証機能「Face ID」に使われる「TrueDepthカメラ」が原因だった!

MacRumorsは「iPhoneXの顔認証システムに使われるTrueDepthカメラはライバル会社の技術に比べてかなり複雑である。」と報じています。

TrueDepthカメラは「赤外線カメラ,近接センサー,投稿イルミネーター,ドットプロジェクター,環境光センサー,スピーカー,マイクロフォン,FaceTimeカメラ」が搭載されています。これまでのスマートフォン事業でここまで搭載されたセンサー類は無く、生産を複雑化しているとしています。

KGI証券アナリストのミンチー・クオ氏によるとiPhoneXの生産は10月中旬より本格稼働すると報じています。2017年11月3日(金)の発売日には十分な在庫量が確保できない可能性が高く、2017年10月27日(金)の予約すらまともにできない可能性があります。

関連商品

関連サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。