bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

iPhone8の歩留まり解消!3Dカメラのモジュールを大量確保!9月頃フル稼働か?

2017年8月28日(月)、iPhone8の生産について歩留まりが続いていましたが、3Dカメラモジュールを大量に確保したことにより歩留まりを解消したとDigiTimesが報じています。2017年9月より工場がフル稼働を計画していますが、やはり年内の出荷量は限られた量になりそうです。

Apple iPhone8用3Dカメラモジュールを大量確保!

2017年7月よりAppleは光学部品メーカー「Largan Precision」「Genius Electronics Optical」の2社から大量の3Dカメラモジュールを確保していたことが確認されました。これらパーツはFoxconnおよびPegatronが組み立てを行い、2017年9月に工場を正式稼働させる計画です。

これまで本格的な稼働は2017年9月中旬と予想されていましたが、9月末へとずれ込むと予想されます。目標だった「9月までに500万台」は難しくなりそうです。

関連商品

関連サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。