bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【レビュー】iOS11.3で追加された「バッテリーの状態(ベータ)」の表示内容を解説

バッテリーの状態(ベータ)

どうも、いのがぶ(@inogabu)です。

2018年3月30日(土)より「iOS11.3」がリリースされ「バッテリーの状態(ベータ)」が追加されました。iPhoneのバッテリー状態をいち早く確認することができるようになった反面、使い方が良くわからないと報告を受けているのが現状です。そこで、バッテリーの状態(ベータ)の見方を紹介します。

バッテリーの状態を確認する方法

バッテリーの状態(ベータ)

バッテリーの状態をチェックするには、「設定」から「バッテリー」へ進みます。

バッテリーの状態(ベータ)

すると、「バッテリーの状態(ベータ)」の項目が追加されているので確認してみましょう。iPadもiOS11.3にアップデートされていますが、iPhoneのみ表示されているようです。

パフォーマンス管理機能について

バッテリーの状態(ベータ)

「バッテリーの状態(ベータ)」ではバッテリーの最大容量やピークパフォーマンス性能の状態を確認することができます。

最大容量とは、バッテリーの劣化と共に1回の充電で蓄えることができる蓄電容量のことを言います。約500回充電すると最大容量が80%まで減り徐々に劣化していくとされています。

「ピークパフォーマンス」とは突然の予期せぬシャットダウンを回避するためにiPhone側が自動でパフォーマンスを制御しているシステムです。バッテリーの状態に反映されるため、バッテリーが劣化すればパフォーマンスも落ちることになります。

Appleいわく、バッテリー最大容量が80%未満まで劣化した場合、Apple正規サービスプロバイダにてバッテリー交換するよう勧めています。

関連商品

関連サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。