【iOS11.1】バッテリーが改善されたぞ!Wi-Fiの脆弱性「KRACK」の修正され新絵文字も追加!

2017年11月1日(水)、Appleはメジャーアップデートとなる「iOS11.1」をリリースしました。70以上の新しい絵文字の追加やWi-Fi接続によってハッキングの危険が問題視された「KRACK」を修正するアップデートとなります。

この記事を読んだら、今すぐにでもアップデートしましょう!

メジャーアップデート「iOS11.1」をリリースWi-Fiの脆弱性「KRACK」の修正

絵文字

  • 食べ物、動物、伝説上の生き物、衣服関連品、より表現豊かなスマイリーフェイス、性別による区別のないキャラクターなど、70字を超える新しい絵文字が追加

写真

  • 一部の写真がぼやけて見える問題を修正
  • Live Photosエフェクトの再生が遅くなる問題に対応
  • iCloudバックアップから復元したときに、一部の写真が“ピープル”アルバムに表示されない問題を修正
  • スクリーンショット間をスワイプするときのパフォーマンスの問題を修正

アクセシビリティー

  • 英語点字のグレード2の入力の対応を改善
  • 複数ページのPDFへのVoiceOverのアクセスを改善
  • 受信した通知を知らせるときのVoiceOverのローターのアクションを改善
  • AppスイッチャーからAppを削除するときのVoiceOverのローターのアクションのメニューを改善
  • タッチ入力モードでVoiceOverを使用しているとき、代替キーが表示されない問題を修正
  • “メール”でVoiceOverのローターが常にデフォルトのアクションに戻ってしまう問題を修正
  • VoiceOverのローターがメッセージを削除しない問題を修正

その他の改善および修正

  • 3D Touch対応のディスプレイで、画面の端を押してAppスイッチャーにアクセスする機能を回復
  • 消去したメールの通知がロック画面に再表示される問題を修正
  • エンタープライズ環境で、データが管理対象Appの間で移動できない問題を修正
  • 一部の他社製GPSアクセサリで位置情報が不正確になる問題を修正
  • 心拍数の通知の設定がApple Watch Appに表示される問題を修正(第1世代)
  • Apple WatchでAppのアイコンが表示されない問題を修正

セキュリティーパッチノートに記載されていませんでしたが、Wi-Fi接続時に使われるWPA2の脆弱性を付いた「KRACK(Key Reinstallation Attacks)」を修正するセキュリティーアップデートでもあります。機能面では、バッテリー駆動時間がiPhone8 Plusで約4時間も持ちが良くなっていると報告されています。

関連商品

関連サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。