【買い替え時】初代Apple Watchは最新watchOSで一部アプリが起動しなくなるぞ!

Apple Watch OS

2018年4月12日(木)、watchOS最新ベータ版「watchOS 1」用に作成されたアプリにて将来起動できなくなる警告文が表示されるようになったと報じられています。これにより、開発者側がアプリを最適化しない限り初代Apple Watchで起動できなくなります。

初代Apple Watchで起動できなくなるアプリが増えてくる

9to5macは最新の「WatchOS 4.3.1 ベータ版」にて「watchOS 1」で開発されたアプリケーションを起動すると、「このアプリは将来のwatchOSで起動できなくなる可能性があります。デベロッパーは互換性を向上させるアップデートを行ってください。」という警告文が表示されることを報じています。

デベロッパー側がアプリを最適化しない限り、初代Apple Watchで起動することができなくなります。iPhoneとBluetoothで常に接続する必要がある初代Apple Watchは、買い替える時期を迎えたのかもしれません。

今年6月に開催される「WWDC18」にて「watchOS 5」が発表される噂があります。

関連商品

関連サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。