「Apple Watch Series3」病院のICUで再起動を繰り返す不具合が発生!

Apple Watch Series3を病院内の集中治療室(ICU)にて再起動を繰り返す不具合が報告されています。症状はApple Watch Series3を装着した病院勤務のユーザーがICUに入ったところ60~90分毎に再起動を繰り返すという症状を報じています。

Apple Watch Series3 ICUの電波に干渉?

Appleは不具合と判断しApple Watch Series3の交換をしましたが同様の問題が再び発生。Appleサポートによると2017年10月頃から同様の問題が複数報告されておりApple Watch Series3の「GPS+Cellular」「GPSモデル」の両方で発生していると報じています。

9to5macいわくICU内にある医療用電気機器から発生する電磁場による干渉であると指摘しています。同ケースの場合機内モードに切り替えることを強く勧めています。

すでにAppleも問題を認知 医療機器を取り扱う病院に注意喚起を発表

Appleも問題を認知しており医療機器を取り扱うメーカーに注意を呼び掛けています。

医療用電気機器への干渉  Apple Watch には電磁場を発生させる部品および無線送信機が含まれています。Apple Watch、一部のバンド、Apple Watch 磁気充電ケーブル、Apple Watch 磁気充電ケース、および Apple Watch 磁気充電ドックには、磁石が含まれています。こうした電磁場や磁石はペースメーカーや除細動器などの医療用電気機器と電波干渉を起こすことがあります。医療用電気機器と Apple Watch、そのバンド、Apple Watch 磁気充電ケーブル、Apple Watch 磁気充電ケース、および Apple Watch 磁気充電ドックとの間には、安全な距離を保ってください。お使いの医療用電気機器に特有の情報については、医師および医療用電気機器メーカーにお問い合わせください。Apple Watch、Apple Watch のバンド、Apple Watch 磁気充電ケーブル、Apple Watch 磁気充電ケース、および Apple Watch 磁気充電ドックが、ペースメーカーや除細動器などの医療用電気機器に干渉している疑いがある場合は、それらの使用を停止してください。

関連商品

関連サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。