bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Apple Watch用「watchOS 4.1 ベータ2」をリリース!一部アプリの改善およびセルラー接続に対応

2017年10月9日(月)、AppleはApple Watch用OS「watchOS 4.1 ベータ2」をリリースしました。Apple watch Series3にてラジオアプリが開けないバグおよびセルラー接続に対応していなかった問題を解決しました。

Apple Watch Series3 「watchOS 4.1 ベータ2」でセルラー接続バグを修正

ベータ1で追加されたラジオアプリでESPN局(=ディズニー傘下のスポーツチャンネル)が開けなかったり、LTE回線に接続できないなどの問題が報告されていました。

「watchOS 4.1 ベータ2」ではそれらのバグを修正したものになります。さらにコントロールセンターよりWi-Fiのオン/オフ機能が追加されました。アプリ通知ではApple Watch上でアイコンが表示されるようになり、新しい絵文字も追加されています。

関連商品

関連サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。