Apple – Qualcomm和解の背景にIntel社員のヘッドハンティングが浮き彫りになる

Intel Macbook Pro向けCoreプロセッサ9th
出典:The Telegraph

AppleはQualcommと和解した数週間前に、Intelの5Gモデムの開発責任者、ウマシャンカー・ティアガラジャン氏をヘットハンティングしていたことがわかった。

2019年2月に同氏を引き抜いたことがThe Telegraphが入手したEメールより判明。

Appleは2020年に向けて5G対応iPhoneおよびiPadを発売する計画が進む一方、Intelにとっては大きな痛手となりそうだ。

関連商品

GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略
田中 道昭
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 87