Apple「Apple Arcade」 – 定額制ゲームし放題サービスを発表

Appleは2019年3月26日午前2時に開催された「Apple Special Event」にて、サブスクリプション形式のゲーム配信サービス「Apple Arcade」を発表しました。定額制で100本以上のゲームが楽しめ、日本を含めた150ヵ国で今秋から展開される予定です。

【Apple Arcadeを紹介します — 2019年秋、登場】

日本のゲーム会社を含め世界中のデベロッパーが参入し、「Apple Arcade」でしかプレイできない限定タイトルも提供。

デベロッパーには、Annapurna Interactive、Bossa Studios、Cartoon Network、Finji、Giant Squid、Klei Entertainment、コナミ、LEGO、MIstwalker Corporation、セガ、Snowman、ustwo gamesなどが参入。

一度ゲームをダウンロードすることでオンラインでもオフラインでもプレイ可能。iPhone/iPad/Mac/Apple TVと言った複数のデバイスで同じゲームを続きからプレイできる。環境を切り替えてもApple製品があれば継続してゲームを遊ぶことができる。追加料金なしで広告表示もなし。(どうやって収入を得るんだろう?)

2019年秋から日本を含めた世界150ヵ国以上でサービスを展開予定。月額料金の発表はされませんでした。

関連商品

iOSコントローラ Apple MFi認証