Apple「Apple Card」 – チタン製クレジットカードを発表

Appleは2019年3月26日午前2に開催されたApple Special Eventにて、クレジットカードサービス「Apple Card」を発表しました。

米ゴールドマンサックスと米マスターカードと協業するバーチャルカードとしてApple Payから支払いできる他、iPhoneが利用できなかったことを想定してチタン製の物理カードも発行。

【Introducing Apple Card — Coming Summer 2019】

発行手数料や年会費は無料。支払いに応じて様々なキャッシュバックを即日受けることができる。Apple Pay経由の支払いであれば2%。チタン製物理カードであれば1%。Appleのサービスなどの支払いは3%のキャッシュバックを受けることができる。

チタン製の物理カードのデザインは「Appleロゴ」「ICチップ」「保有者名」が記載されているだけのシンプルな構造になっている。カード番号やCVVセキュリティコード、利用期限、署名欄がない。

これらすべては「Wallet」アプリ内から確認できるようになっており、Apple Payでの利用を想定したサービスとなっている。

ポートフォリオとしても利用でき、店舗のロゴやアイコンで明細が見やすくなっている。「マップ」アプリとも連携し決済した場所を地図上で表示してくれる。

Apple Payのサービスは日本を含めた40か国以上で展開されているが、「Apple Card」の発行はアメリカ限定となりそうだ。

関連商品

iPad mini Wi-Fi 64GB(2019年モデル)

iPad mini Wi-Fi 64GB - シルバー
アップル (2019-03-28)
売り上げランキング: 322