【速報まとめ】Apple – 新型「iPad mini 7.9」と「iPad Air 10.5」を突如発表!

【速報まとめ】Apple – 新型「iPad mini 7.9」と「iPad Air 10.5」を突如発表!

2019年3月18日 オフ 投稿者: inogabu

2019年3月18日(月)にAppleが突如として新型「iPad Air」と新型「iPad mini」を公式サイトで発表しました。当日の夕方にサイトがメンテナンス中となり、復帰と共に発表となりました。日本のサイトでも予約できる状態であり、イベントを月末に控えたサイレント発表となりました。

新型「iPad Air」2019年モデル

2017年に消えたAirシリーズがApple Pencil(第1世代)対応で帰ってきました。

Neural Engineを搭載した「A12 Bionic」チップを搭載し、True Toneを採用した10.5インチRetinaディスプレイ搭載。Apple Pencil(第1世代)とSmart Keyboardにも対応。

価格はWi-Fi, 64GBで54,800円(税抜)~。

新型「iPad mini」2019年モデル

ほぼ忘れられていたminiシリーズがApple Pencil(第1世代)対応で帰ってきました。

Neural Engineを搭載した「A12 Bionic」チップを搭載し、True Toneを採用した7.9インチRetinaディスプレイを搭載。Apple Pencil(第1世代)に対応。

価格はWi-Fi, 64GBで45,800円(税抜)~。

iPad Pro 10.5インチが販売終了

両者の立ち位置は、iPadとiPad Proのちょうど中間といったところ。サイトを見る限り、iPad Pro, iPad Air, iPad, iPad miniの4モデルが揃うことになりました。

ただし、今回のメンテナンスでiPad Pro 10.5インチモデルが販売終了となっているのを確認しました。11インチと12.9インチが発表された後も継続販売されていましたが、新型発表と共に10.5インチをAirシリーズに引き継ぎお役御免となったようです。

新型iPad Airと新型iPad miniの共通点

新型「iPad Air」と新型「iPad mini」は共に「A12 Bionic」を搭載。第1世代ではありますが、Apple Pencilにも対応しました。ホームボタンを搭載し、Touch IDを標準採用。

残念な点は、Lightningコネクタを採用したこと。「iPad Pro」にはUSB-Cコネクタを採用していただけに他デバイスと連携するには、Lightning変換用のドングルが必要になります。

関連商品

Apple Watch Series 3 GPSモデル 38mm