iPhone8 指紋センサーを埋め込む技術が定まっていない問題が解決せず!

シェア

2017年秋にAppleが発売しようとしているiPhone8は、ホームボタンは廃止されディスプレイの中に埋め込まれると報じられています。指紋センサーの役割も果たすTouch IDもディスプレイに埋め込まれるとされていますが、埋め込む技術が定まっていないことを明らかになりました。

Touch ID埋め込み問題について勝手にまとめます。

有機EL(OLED)ディスプレイに埋め込みに生じている問題とは?

iPhone8は指紋認証を担うTouch IDが有機EL(OLED)ディスプレイ下に埋め込まれると報じられています。数か月前より問題視されているのがTouch IDをどのようにディスプレイ下に埋め込むか問題です。解決策には以下の3点が模索されている模様です。

  • Touch IDを覆うディスプレイを薄くする
  • Touch ID部分のみ光学センサーおよび超音波センサーが通る微細な穴を開ける
  • 静電容量式フィルムおよび赤外線センサーをディスプレイの間に埋め込む

2017年6月現在もTouch ID埋め込み問題は解決されておらず、発売にも1~2か月程度の影響が出ると予測されています。

関連商品

【国内版SIMフリー】 iphone 6s A1688 (64GB, ローズゴールド)
Apple Computer
売り上げランキング: 80,260

関連サイト

AppleInsider

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。