【特許申請しただけ?】Touch IDが電源ボタンに搭載されている特許を申請していた!

シェア

2017年6月14日(水)、アメリカ特許庁はAppleより電源ボタンに指紋認証センサーが内蔵されている新デザインのTouch ID技術の特許を公開しました。これまでiPhone8にはディスプレイ下にTouch IDが埋め込まれるか、背面ボタンに搭載される可能性の双方が大きく報じられています。

新たに考案されているTouch ID技術について勝手にまとめます。

電源ボタンにTouch IDが搭載か?

2017年秋にiPhone8が発表されると見られており、Touch IDがディスプレイ下または背面ボタンに埋め込まれると報じられています。今回、報じられた特許情報では電源ボタンにTouch IDが埋め込まれている様子が描かれています。

AppleはTouch IDの小型化に着手し、ベゼルが狭くなってもスペースを確保できるように改良されていると見られ、限られたスペースに搭載することも可能であると指摘されています。

特許が申請されたのは、2015年第2四半期のことであり、どのような形でTouch IDが搭載されるかは未だに不明のままです。

候補だけが増えていく。

関連商品

関連サイト

Patently Apple

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。