Apple 自社開発microLEDディスプレイは大小異なる大きさを開発中か?

Apple Watch Band スプリングコレクション

2018年4月4日(水)、Appleが自社開発中のmicroLEDディスプレイについて、大きさの異なる大小の2種類を生産予定であることが明らかになりました。

大きいサイズのmicroLEDディスプレイの用途

microLEDディスプレイはAppleの新キャンパスから近くに生産施設を設け、開発を行っていることが3月中旬より明らかになっています。

大きいサイズのmicroLEDディスプレイはTFTバックプレーンで開発されておりMacBookに採用される見込みです。

小さいサイズのmicroLEDディスプレイの用途

小さいサイズのmicroLEDディスプレイはさらに2種類に分けられるとされています。1.3~1.4インチがApple Watchに、0.7~0.8インチがARグラスに利用される見込みです。

Apple Watch用のmicroLEDディスプレイは2018年後半~2019年より生産開始されると予想されています。

またmicroLEDディスプレイはコストが400~600%高くなることからApple Watchのハイエンドのみに採用されると予想されています。

関連商品

関連サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。