bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【ベゼル幅0.5mm】2018年発売「iPhoneX」にジャパンディスプレイの「フルアクティブ」を採用か?

2018年に発売されるiPhoneのディスプレイにジャパンディスプレイが開発した液晶「FULL ACTIVE(フルアクティブ)」が採用されると報じられています。「フルアクティブ」はベゼルを0.5mmまで狭額にでき曲面でも柔軟に対応できるメリットを持っています。

次期iPhoneはより狭額になる!

ジャパンディスプレイの最新液晶「フルアクティブ」はベゼルが最少で0.5mmで動作し大画面を可能の物としています。製造コストにおいても有機ELより安く抑えられます。プラスチック基板を採用していることから曲面に沿って張り付けられるほどの柔軟性を持っています。

噂されているディスプレイの解像度は1,080*2,160(18:9)の6インチ。ただし有機EL(OLED)ディスプレイのiPhoneXも発売されると予想され6.1インチサイズのみ「フルアクティブ」が採用されると予想されます。

関連商品

関連サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。