bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【iPhoneX発売の妨害行為か?】韓国公正取引委員会がAppleに強制捜査を実施

2017年11月24日(金)、韓国にて公正取引委員会がソウルにあるAppleに強制捜査を実施したことが問題になっている。MetroによるとAppleオフィスにて実務についていくつかの質問が行われ翌日となるiPhoneXの販売を妨害している可能性があるとされる。

韓国公正取引委員会がAppleの営業を妨害か?

韓国ではSamsungやLGと言ったスマートフォン分野に強いメーカーが拠点を構えている。そんな中Appleは2017年11月24日(金)に韓国にてiPhoneXの発売を控えた前日に強制捜査が実施された。強制捜査の理由は「Appleが携帯電話キャリアに対し不当な契約を強制している疑い。」である。

韓国公正取引委員会は2015年にAppleの国内シェア率が33%を獲得したことによりスマートフォン市場を害している疑いを掛け特別部隊を編成している。

このことについてテクノロジー分野の分析を担うEndpoint Technologies Associatesのロジャー・ケイ社長は韓国の保護主義に対し非難している。Forbesも韓国の公正取引委員会に対し「偽りの告発を何度も繰り返している。」と記しApple・Intel・Microsoft・オラクル・クアルコムなど外資系大手企業の生存を脅かしていると非難している。

Appleに強制捜査を仕掛けた理由

韓国では巨大財閥のSamsungが政治にも強い影響力を持つことが知られている。パク・クネ大統領の失脚に影響されていることも記憶に新しい。強制捜査が行われた理由は定かではないが、iPhoneXのテレビCMが韓国にて放映されたことでiPhoneからGalaxyへ乗り換えキャンペーンを実施しているSamsungが何らかの影響を与えていると予想されている。

関連商品

関連サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。