【iPhone出荷停止の危機?】米Qualcommが妥当なライセンス料の支払いと輸入差し止めを中国で要求!

【iPhone出荷停止の危機?】米Qualcommが妥当なライセンス料の支払いと輸入差し止めを中国で要求!

2017年10月16日 0 投稿者: inogabu

 

2017年10月16日(月)、米Qualcommが中国にてAppleに対して妥当なライセンス料の支払いと入差し止めを要求する訴訟を起こしていたことをBloombergが報じています。もしかすると、中国へのiPhone出荷停止処分が下される可能性があります。

 

 

米QualcommがAppleに妥当なライセンス料の支払いを求め訴訟

ことの発端は、2017年1月に米独禁法当局の連邦取引委員会(米FTC)がQualcommを独占禁止法違反の疑いで提訴したことに始まります。QualcommはAppleを含めた競合他社に対してライセンス料を不正に釣り上げていると疑われていました。その後、AppleがQualcommに対し「不正のライセンス料を請求された。」として提訴。2017年7月に特許侵害でQualcommがAppleを追訴しました。

 

 

iPhone出荷停止の危機?中国へ出荷できな可能性も視野

2017年9月29日(金)、Qualcommは北京の知的財産専門裁判所にてAppleに提訴したことが明らかになりました。AppleのiPhoneに使用されている省電力機能とタッチスクリーン「3D Touch」がQualcommの3つの特許を侵害しているとしています。

 

Qualcommいわく、「Appleが利用しているQualcommの技術に対し妥当な対価を支払っていない。」としライセンス料の支払いを求めています。

 

Appleいわく、「Qualcommとの問題はない。」としQualcommが求めるライセンス料の支払いを拒否しています。

 

もし、Qualcommが裁判に勝ち、Appleが支払いを拒み続ければ中国への出荷停止になる可能性があります。

 

 

関連商品

 

関連サイト