bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Apple ARメガネは時期尚早と判断し当分発売されないことが判明

2017年10月11日(水)、Apple CEOのティム・クック氏は現在開発中のARに対応したメガネ型ウェアラブルデバイスについて「満足のいくテクノロジーが存在しない。」として計画を一時中断していることをThe Independentのインタビューで答えました。

AR対応メガネ型ウェアラブルは時期尚早 テクノロジーが追い付いていない

Appleのティム・クックCEOはThe Independentのインタビューに対し、ディスプレイの技術をメガネに収めるには技術的な障壁があるとし、Appleがやりたいことに対してテクノロジーが追い付いていないとコメントしています。

iOS11から対応した「ARKit」は現実世界にバーチャルの物を配置することができるようになりました。ただし、これがAppleがやりたかったわけではなく技術的に進化したARKitの開発を目指していると語っています。

ティムクックCEOは市場に一番乗りを目指しているのではなく、Apple思想に基づき、利用者の満足を提供したいとコメントしています。

私「ARメガネの時代っていつ来るんだろうね?」

関連商品

関連サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。