iPhone8は中国市場狙い?デザインの変化を求めていた!

2017年8月30日(水)、Apple関連の情報に詳しいアナリスト「ケイティ・ハバティ氏」は2017年9月に発表されるiPhone8の売れ行きは中国市場も巻き込むと予想しています。近年の中国市場ではMacやiPadの売れ行きが伸びていることを対して、iPhoneの売れ行きは伸びていませんでした。

Appleは中国市場がわかっていない?デザインの変化を求める中国市場

中国でiPhoneのみ伸び悩む理由としてデザインの変化が3年間行われていないことを例に挙げています。中国でのコンシューマは自宅用パソコンとしてMacを2,000ドル以上も支払っているのに対して、それよりも安いiPhoneを見向きもしていないと指摘しています。中国でのスマートフォンはブランド品質が低く、バッテリー持ち時間が平均18ヶ月程度しかありません。

さらに、中国市場では長期的に成長を増大させている企業が少なく、Vivo、Oppo、Xiaomi、Huaweiという企業があるなか2年ほどで衰退しているのが現実です。

そこを突いて行けと言うのがハバティさんの言い分なんだろうけど、何か、2,000年代初頭の日本みたい。

関連商品

関連サイト