【ちょっと待った!】HomePodって部屋情報を搾取しないし売りません!えっ?できるの?

シェア

2017年7月31日(月)、Appleは2017年12月より「オーストラリア/アメリカ/イギリス」の3ヵ国を先行して発売するHomePodにおける個人情報の取り扱いについて発表しています。

Apple「HomePod」では個人データを送信しないし、外部への共有や販売もしない。」

一見、どこにも個人情報が洩れない安全なスマートスピーカーになると思いますが、私としては、

私「まじかよ!部屋情報がわかるのか!」

確かに、HomePodは自動室内検知テクノロジーを使って家具の配置を検知し音を最適化します。つまり、技術的にHomePodで部屋の配置を知ることができます。下手すれば家の情報が駄々洩れということにつながりかねません。

本当に安心なのか?

HomePodで部屋の配置がバレる!

HomePodにおける個人情報に関してCult of Mac氏がAppleへ質問したところ、以下のような内容が返答されました。

Apple「Hey SiriでHomePodをアクティブにしない限りHomePodからAppleサーバーへ送信されません。その後は暗号化され匿名のSiri IDとして扱われます。部屋のセンシング情報は一切共有されません。」

Appleは部屋の配置に関してサーバーと共有はしないとしていますが、技術的にできることを示している形となります。Cult of Mac氏はこれも立派な個人情報であり、扱い方についてApple側に再度確かめたことになりました。

グッジョブ!一安心だぜ!

関連商品

関連サイト

Apple

Cult of Mac

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。