【追記あり】【新品に交換しよう!】2012年~2013年発売の「MacBook Pro」バッテリー供給問題によりリコール対象

2017年7月24日(月)、Appleは2012年~2013年に発売された「MacBook Pro」をバッテリー供給問題により交換プログラムの対象としました。AppleCare+に加入していれば無料、未加入であれば19,800円で交換してくれます。

【追記:2017年7月27日(木)】

2017年7月27日(木)、Appleは該当のMacBook Proに対し、バッテリー供給が十分に確保されたことを発表しました。よって、新型へのモデルチェンジは終了しました。

バッテリー交換については引き続き対応しています。

交換用バッテリーの供給は9月中旬。待てなければ本体交換OK

交換対象となる端末は2012年に発売された「15インチ Retina ですプレイ MacBook Pro」の「Mid 2012」「Early 2013」となっています。

同時期に発売された13インチは対象外ですのでお間違いなく。

交換用バッテリーが9月中旬に入荷する予定の為、本体交換は2017年9月中旬までとなります。もしバッテリーの交換を希望するのであれば費用は無料で交換してもらえます。

9月まで待てないのであれば、同等の機能を持ったMacBook Proと交換するとしています。

本体交換に至るには、約10営業日を必要とし、代替品到着まで今まで通りのMacBook Proを利用できると海外サイトRedditが述べています。

必要な費用は、バッテリー交換費用の199ドルのみ。

交換した後のモデルは、整備済みの2015年モデルが多いようです。一部では2017年モデルに交換してもらったとしています。

自身のMacBook Proが交換対象かどうかを調べる方法

自身のMacBook Proが交換対象であるかを調べるには、以下の操作をしてください。

  1. 「このMacについて」
  2. 「システムレポート」
  3. 「電源」

この「電源」メニューにバッテリーに関する交換・修理をすすめる項目が判断されたら交換対象です。

該当するモデルを持っている場合は、Apple StoreまたはAppleサポートから予約を行ってください。

関連商品

関連サイト

MacRumors

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。